シリコンバレーの旅:準備編 〜どうやって海外に行けるの?〜
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

転職が決まり、少しの間休みがとれたのでIT産業の聖地シリコンバレーに行ってきました。
僕自身、海外に行った経験がなく、1人で行って大丈夫かなーと不安もありましたが、かなり楽しい旅になりました。(最悪死ぬなーと思ってました。ホント。)

正直1ヶ月前まではシリコンバレーに行く予定などありませんでしたが、せっかく休みがとれるなら旅行に行きたいなーと思って旅行雑誌を眺めていたところ、ふと“シリコンバレー”という神がふってきたのです。

そういえば、1年前ぐらいにGoodpatchの土屋さんのシリコンバレーについてのブログをみて、「自分もいつか行ってみたい」と思っていた事を思い出しました。

ただ、思いついたのが10月初旬頃で11月から次の仕事が始まるので、正直無謀だなーと思いました。パスポートも無かったし、海外への行き方すら分からなかったので。
それでも今行かなかったら、2〜3年か最悪一生行けないと思いましたし、10月下旬にちょうどシリコンバレーで日本人の飲み会がある事を知り、これは直感を信じて行くしかないと思いました。

結果的に6日間程使って、シリコンバレーに行ってきたわけですが、ここからは海外未経験の僕がシリコンバレーに辿り着くまでに準備した事を書きたいと思います。
短期間でしかも初海外に行く人なんて、かなり稀なケースだと思いますが、僕と同じようにある意味無謀な境遇の人がいたら参考になれば嬉しいです。

Step1:旅の目的を決める

せっかく大金を払って海外に行くのなら意味のある旅にしたいですし、
目的があるとモチベーションを保ちやすいです。
そのためにも「なぜ行くのか?何がしたいのか?」という目的をしっかり持とうと思いました。
僕の目的は主に3つありました。

    
  • Apple、Google、Facebook本社をこの目で見て、出来れば現地のエンジニアの話を聞いてみたい
  • 英会話学習中なので、英会話の実践と今後のモチベーションアップに繋げたい
  • ITの聖地と呼ばれるシリコンバレーの生活感や風土を感じてみたい

Step2:とりあえず行ってみたい場所をピックアップする

シリコンバレーは地名ではないので、実際にはサンフランシスコに行く事になるのですが、サンフランシスコで行きたい場所を洗い出しました。その中でも必ず行きたい場所と出来れば行きたい場所で優先順位をつけました。

【必ず行きたい場所】

  • Google本社
  • Apple本社
  • Facebook本社
  • スタンフォード大学
  • Apple創業ガレージ
  • Twitter 本社
  • Computer History museum
  • ゴールデンゲートブリッジ

【出来れば行きたい場所】

  • ベイブリッジ
  • ヨセミテ国立公園
  • コロナ・ハイツ・パーク
  • リージョン・オブ・オナー美術館
  • ウォルト・ディズニー・ファミリー博物館
  • PIXAR本社
  • Intel本社
  • YouTube本社

行きたい場所がピックアップできたら、それぞれの場所をGoogleMap上でお気に入り(★マーク)に登録して全体的な位置を把握します。
そこから、「こことここは近いから短時間で行ける」とか効率良く周れるように考えます。
また、現地での交通手段(レンタカー、電車、タクシー)も事前に決めておいた方がいいです。

僕の場合は行きたい場所が多すぎて、結果的に「必ず行きたい場所」の中でも、かなり優先度が高い場所しか行けませんでした。苦笑

Step3:スケジュールと予算の調整

行きたい場所が決まると大体何日ぐらい滞在すべきかが見えてくるので、具体的な滞在期間と各日程のスケジュールをざっくり決めます。
さらにスケジュールが決まると滞在に必要な費用もざっくり見えてくるので、予算との兼ね合いを見て、ホテル代、食費、交通費、観光費の目安を決めます。

例:
10/28(火)
08:00 :ホテル周辺で朝飯&Sanfrancisco駅へ
11:00 :Apple InCorprated訪問、アップルカンパニーストアで買い物する
15:00 :Googleplex訪問、時間があればComputer History Museum訪問
19:00 :MountainView駅に移動、サウスベイで飲み会
22:00 :MountainView駅からSanfrancisco駅へ移動、ホテルに帰る

ちなみに、それぞれの時間は予定より1~2時間余裕を持って計画した方が賢明です。休憩やトラブルで予定より時間を使ってしまうことは多々あるので。

Step4:海外への行き方と準備

Step3と同時並行で海外へ行くために以下の準備を進めます。
ここでミスると最悪計画倒れなので、入念に準備を進める必要があります。

  • 現地の旅行雑誌(「地球の歩き方」シリーズがオススメです)
  • パスポート取得(初めての場合は2~3週間必要)
  • ESTA認証(出国日の3日前まで)
  • 飛行機&ホテルの手配
  • 外貨両替
  • 海外でスマートフォンを使うための国際ローミング手続き
  • 国際免許証の手配(海外で車を運転する人のみ)
  • 目的地周辺の地図や電車のタイムテーブル等を印刷(携帯の電池が切れた時のために印刷してた方が吉)

特にパスポート取得と飛行機&ホテルの手配は時間がかかるし、超重要なので最初に取り掛かった方が良いです。

Step5:その他用意しておいた方が良いもの

行く場所にもよりますが、長距離飛行の場合はフライト中に快適に過ごせるように以下のものを用意した方がいいかもしれません。

    
  • 読書本
  • アイマスク(飛行機によっては無料で配っているようです)
  • 耳栓(隣の人のいびきがうるさかったりすると有用?)
  • スリッパ(僕は靴を脱いで靴下の状態でしたが)
  • DVDを見れる端末(飛行機によってはDVDが見れるモニタが各席についてます)

また、目的地によっては配車サービスのUberが使えるので、
ぜひアプリをインストールして、事前にクレジットカード情報を登録しておく事をオススメします。
サンフランシスコは車社会なので、僕もUberは重宝しました。

ちなみに僕の紹介ページから登録すると初回登場時に2000円分が無料になるみたいです。

長々と書きましたが、以上が海外旅行に行くためにとりあえず必要な準備になります。
僕は仕事を辞めてから準備ができたので、2~3週間で準備ができましたが、平日に仕事をしながらだと大変かもしれません。
海外旅行をご検討の方は準備をしっかりして最高に楽しんできてください。

次回はシリコンバレーの旅本編(写真とか旅の記録)を書きます!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone